結婚相談所なら婚活・お見合い・ご成婚のトータルサポーター「結婚物語。」

けっこんものがたり代表・苅谷の婚活の極意
2021.09.27

男性が結婚前提の交際を申し込む心理とその意味について解説

男性から「結婚を前提に付き合ってください」と言われると、その意味について深く考え込んでしまう女性も少なくないはずです。

普通のお付き合いと何が違うのかわからない、もしかして婚約ってこと?など、疑問や不安が尽きないのではないでしょうか。

そこで、結婚前提の交際とはどういうものなのか解説するとともに、申し込んできた男性の心理や実際に付き合いだした際の心構えも説明していきます。

 

1.結婚を前提に付き合うとは具体的にどういうこと?

まずは結婚を前提に交際するとはどういうことなのか考えてみましょう。

 

ゴールを見据えた交際になる

結婚前提の交際とは、お互いに「結婚」というゴールを見据えながらお付き合いしていくことを意味します。

一般的な交際だと、なんとなく好きになって付き合いはじめて、お互いその気になったら将来を意識しだす、というケースが多いですよね。一方、結婚前提となると、最初から相手のことを将来のパートナーとしてふさわしいか、見極めながらお付き合いしていく流れになります。

そのため、「この人とずっと一緒に生活していけるか」を判断するための期間と捉えておくと良いでしょう。

 

結婚を約束するものではない

結婚前提の交際と聞くと、「なんだか重そう…」と思われるかもしれませんが、必ず結婚するという約束ではありません。プロポーズや婚約ではなく、あくまでお付き合いなので警戒しすぎなくても大丈夫です。

もちろん、付き合っていくうちに、「パートナーとして合わないかも」と感じた場合は、別れるという選択肢もあります。

交際相手との相性が本当にマッチしているか、結婚しても一緒にやっていけそうか、冷静に見極めていくことが大切です。

 

 

2.男性が結婚を前提とした交際を申し込む心理とは

男性が交際を申し込むときに、「結婚を前提に」と付け加えるのはなぜでしょうか。この言葉にどのような心理が表れているのか見てみましょう。

 

本気の気持ちをアピールしたい

男性が「あなたと真剣に交際したい!」という本気の気持ちをアピールしたいときに、「結婚を前提にお付き合いしてください」と言う場合があります。真剣さを表すことで、女性との距離感を早く縮めたいという考えもあるでしょう。

遊びではなく、将来を意識するくらい大切に想っているというメッセージが込められているので、誠実なお付き合いが期待できます。

 

結婚へのモチベーションが高い

結婚そのものへの意欲がかなり高く、相性が良ければそのままゴールインしたいと考えているケースもあります。この場合、気軽なお付き合いよりも、自分と同じくらい将来へのモチベーションが高い女性を交際相手として求めていることがほとんどです。

一般的に、「仕事も落ち着いてきたので、次は結婚だ!」と意気込んでいる30代以降の男性に多いといわれています。

 

家庭や子供を持つ憧れ

「家庭や子供を持ちたいというとストレートすぎるかもしれない」と思う男性が、オブラートに包んで「結婚を前提に」と言う場合もあります。

温かい家庭に憧れを持っていることが多く、将来に渡って長く寄り添えるパートナーになってくれるでしょう。

 

3.結婚に焦っているだけの場合もあるので理由は聞いた方がいい

結婚前提の交際を申し込む人の中には、婚期を逃すまいと焦っている男性もいます。そのため、理由を確認しておくことをおすすめします。

例えば「親を安心させたくて」「周りも結婚しているから」といった本人の気持ちの欠けた理由を挙げられた場合、ただ結婚することが目的になっている可能性があります。これでは一緒になっても本当に幸せになれるのか不安になってしまうでしょう。

本当に自分をパートナーとして考えたいのか、それともただ結婚したいだけなのか、理由を聞いてしっかりと見分けることが大切です。

 

 

4.結婚前提の交際でチェックしておきたいポイント

交際開始後は、様々な点から、将来に渡って一緒にいられそうな相手なのかチェックしていく必要があります。

そこで、交際後に確認しておきたいポイントについて紹介していきます。

 

金銭感覚のチェック

結婚したら生計をともにするので、金銭感覚が合っているか確認することは重要です。

例えば、趣味にお金を使いたい、服にはお金をかけたくない、食費は節約したくないなど、お金の使い方は人により分かれるポイントですよね。浪費癖があったり倹約すぎたりしても、トラブルのもとになりかねません。

お互い納得できる形でお金の使い道を合わせられる相手が理想的です。

 

両親との相性

結婚すると家族ぐるみの付き合いは避けられないため、お互いの両親とうまくやっていけるかも見ておくべきポイントです。また、早い段階で両親への紹介があるかもしれないことは覚悟した方がいいかもしれません。

あらかじめ、上手にやっていくための方法やどのような距離感で付き合えばいいのかを相手と話し合っておきましょう。

 

生活リズムや性格・価値観の一致

一緒に生活していく上で、お互いの生活リズムや性格・価値観が一致していることも大切です。

結婚生活では、多少譲歩したり我慢したりするケースもあるはずです。とはいえ、無理や我慢が一方的にたまっていくようでは、長続きは難しくなってしまいます。

できれば早いうちに同棲してみて、同じ空間内で居心地よく過ごせるかチェックしておきましょう。

 

 

5.まとめ

結婚を前提とした交際を申し込む男性には、相手の女性へ誠実な思いや結婚へのモチベージョンの高さを伝えたいという気持ちがあります。ほかにも、子どもを望む気持ちを遠回しにアピールしている場合も考えられます。

もちろん、婚約ではないので男性からアプローチされたからといって重く捉えすぎる必要はありません。しかし、なかには結婚そのものが目的で相手にこだわっていない人もいるため、将来を見据えた交際を申し込まれたら、まず理由を確認しておきましょう。

交際中は、相手を将来のパートナーとして意識し、結婚後も上手くやっていけそうかチェックする必要があります。お互いの金銭感覚、両親との相性、価値観が合うかを確認しながら、お付き合いを進めていってくださいね。

\ アメブロ1位の婚活ブロガー仲人Tが執筆 /

アメブロ人気No1結婚物語のブログ

お問い合わせ

婚活の方法やサービスについてのご質問など、お気軽にお問い合わせください。

電話のアイコン

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら。
全国一律承ります。

0120-269-888

[定休日] 火曜・年末年始 [営業時間] 10:00-19:00
メールのアイコン

WEBからのお問い合わせ

WEBからのお問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ 来店予約

結婚物語。」
いつでもあなたの味方です。

  • 成婚率:60%以上
  • 会員数:16万人以上

2020年5冠受賞

  • 日本結婚相談所連盟IBJ
    「成婚最優秀賞」「成婚成長賞」「入会成長賞」
  • 全国結婚相談所事業者連盟
    「最優秀結婚相談所 シルバー賞」「成婚優秀賞」受賞
女性の画像