結婚相談所なら婚活・お見合い・ご成婚のトータルサポーター「結婚物語。」

けっこんものがたり代表・苅谷の婚活の極意
2020.11.09

婚活の成功率ってどれくらい?成婚確率を上げる6つの秘訣

婚活をしていると、婚活している人のどれくらいが成婚に至っているのかを知りたくなりませんか?またどんな人が成婚しやすいのか、自分はそのタイプに当てはまっているかも気になります。

 

今回は、婚活の成功率と成婚しやすい人の特徴、そして婚活の成功率を上げる6つの秘訣をお伝えし、成婚への道を切り開くお手伝いをします。

 

1.婚活の成功率はずばり何%?

明治安田生活福祉研究所が2016年に公表した「第9回結婚・出産に関する調査」によると、20~40代の婚活経験がある既婚者のうち、男性23.8%、女性22.7%が「婚活で出会った人と結婚」したと回答しています。

このデータから、婚活経験がある既婚者4人のうち1人が婚活から結婚できているということが分かります。

 

2.成婚しやすい人の特徴

約4分の1の既婚者が婚活から結婚相手を見つけていますが、どんな人が成婚に至りやすいのでしょうか。

株式会社IBJが発表した「成婚白書~2019年度版~」では、日本結婚相談所連盟で成婚退会した人の年齢や在籍期間、成婚しやすさなどのデータをまとめています。その中から、成婚しやすい人の特徴を男女別に見ていきましょう。

 

成婚しやすい男性の特徴

次に、成婚しやすい男性の特徴をご紹介します。

・大卒、院卒
・年収500万円以上(40歳以上は年収700万円以上)
・航空業界関連職、士業(弁護士や公認会計士など)、クリエイター・マスコミ系職種、各種コンサルタント
・お酒は飲む、喫煙はしない
・再婚、子どもなし
・長男
・自分の家族と同居を希望しない   など

男性は高学歴の人の成婚率が高く、女性に比べて高卒や短大卒などの学歴が低い人は成婚しにくいという結果が出ています。

成婚しやすい年収については、20代~30代は年収500万以上であるのに対し、40代は700万以上、50代は1000万以上と年齢とともに年収が上がることも男性ならではの特徴です。

さらに自分の家族との同居を希望しない人は、希望する人に比べて圧倒的に成婚率が高い結果でした。女性にとって、男性家族との同居を希望されると結婚は難しいと感じるのでしょう。

 

成婚しやすい女性の特徴

まずは成婚しやすい女性の特徴から見てみましょう。

・専門学校卒、大卒、院卒
・20~30代
・士業(弁護士や公認会計士など)、接客業、介護・福祉関連職、医療系職種
・お酒は付き合う程度、喫煙はしない
・初婚、子どもなし
・長女以外
・相手家族との同居を希望する   など

女性の場合、学歴が高い人も成婚しやすいことがわかりますが、一方で、販売・小売・飲食・サービス系職種や介護・福祉関連職など、学歴がさほど問われない職業に就いている女性も成婚しやすいという結果になっています。

また初婚、子どもなし、長女以外、相手家族との同居を希望することなども成婚しやすい女性の特徴として挙がっていることから、男性は結婚経験がなく、自分の家族との同居をいとわない女性を希望していることが読み取れます。

 

3.婚活の成功率を上げる6つの秘訣

成婚しやすい人の特徴を紹介しましたが、当てはまっていない場合でも心配することはありません。婚活の成功率を上げるための秘訣を知り、実践することで、成婚率をアップできます。

 

異性に会ったら振り返って反省する

いろいろな人と会う機会をできるだけ作って、別れた後にきちんと振り返ることが成婚に近づくポイントです。

相手がどんなところで喜んでいたのか、どんな話題が盛り上がったのかなどを思い出してみてください。もしうまくいかなかったときには、どこで失敗したのかを考えることで、だんだんとどんなポイントが好印象につながるのかが分かってきます。

 

見た目を磨く

人の第一印象は、話す前にほとんど決まるとされているため、見た目を磨いておくことは婚活成功の重要な要素になります。

清潔感、上品さ、爽やかさなどを意識し、相手を不快にさせない見た目を心掛けましょう。

 

色々な人に会って会話スキルを上げる

結婚を前提にお互いを知っていく婚活では、会話はとても大切です。自分を知ってもらうきっかけになるだけでなく、上手に会話をすることができれば、外見や条件のハンデをカバーできます。

相手を褒めたり相づちを打ったりと、小さなことから会話のスキルを磨いていきましょう。普段の生活のなかでもいろいろな人とコミュニケーションを取り、会話のスキルを上げていくのがおすすめです。

 

期限を定める

婚活はスピーディーに動き、短期集中型で挑むのが成功の秘訣です。

ダラダラと続けることに慣れてしまうと、「また次があるからいいや」と思ってしまい、次の展開に進みにくくなることもあります。長くても1年と期限を設け、集中して婚活に挑みましょう。

 

「ふつう」の基準を下げる

婚活をしている人の多くが、「相手はふつうの人でいい」と謙虚に言います。しかし、平均的な条件を持ち合わせている人は意外と少なく、婚活市場において「ふつう」の人は引く手あまたな人気の存在なのです。

そのため、まずは自分の中の「ふつう」を見直し、妥協点を見つけて基準を下げてみましょう。これまで視野に入っていなかった人の中から、素敵な相手が見つかるかもしれません。

 

結婚相談所に相談する

成婚率を高めるためには、心配事や不安なことは結婚相談所に相談することも大切です。結婚相談所では、カウンセラーが相談者それぞれの個性や条件をしっかりと把握し、親身になってアドバイスしてくれます。実績の高い結婚相談所は、とくにサポートが手厚いため、成婚の確率もアップするでしょう。

 

4.まとめ

婚活経験のある4人に1人が婚活をきっかけに結婚していることを考えると、本気で結婚を目指すなら、自然な出会いに任せるのではなく婚活に本腰を入れるのがおすすめです。

男女それぞれ成婚しやすい人に特徴はあるものの、その特徴に自分が当てはまらないからといって悲観することはありません。

紹介した6つの秘訣を実践すれば、条件上のデメリットをカバーして、成婚率を上げることができるでしょう。

\ アメブロ1位の婚活ブロガー仲人Tが執筆 /

アメブロ人気No1結婚物語のブログ

お問い合わせ

婚活の方法やサービスについてのご質問など、お気軽にお問い合わせください。

電話のアイコン

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら。
全国一律承ります。

0120-269-888

[定休日] 火曜・年末年始 [営業時間] 10:00-19:00
メールのアイコン

WEBからのお問い合わせ

WEBからのお問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ 来店・パーティー事前予約

結婚物語。」
いつでもあなたの味方です。

  • 成婚率:60%以上
  • 会員数:14万人以上
  • 2019年日本結婚相談所連盟IBJ
    「入会最優秀賞TOP20」「成婚最優秀賞TOP20」
  • 2019年日本成婚ネットJMN「成婚優秀賞」受賞
女性の画像