結婚相談所なら婚活・お見合い・ご成婚のトータルサポーター「結婚物語。」

けっこんものがたり代表・苅谷の婚活の極意
2021.11.06

年収が高い女性は結婚できない?これからは稼ぐ女性がモテる!

女性の社会進出が進んだことで、男性と同等、あるいはそれ以上の年収を稼ぐ女性も珍しくなくなりました。しかし、ネット上では「男性よりも年収が高いと婚活で敬遠される」といった意見もあり、不安を感じる人もいるようです。

一方で、自分の今の年収に自信がなく、なかなか結婚に踏み切れないという人もいることでしょう。

そこで今回は、男性が結婚相手の女性に求める年収について詳しく解説していきます。

 

1.男性の結婚観が変化した今、女性の年収は武器になる!

婚活をしている女性のなかには、「自分の年収は低めにアピールしたほうが選ばれやすい」と考えている人も少なくないようですが、男性の結婚観や女性に求める条件が変わった現代では、年収は武器にもなり得るので隠す必要はまったくありません。

とくに社会情勢にともなって給与が上がりにくくなった影響で、「結婚相手と共働きで一定レベルの生活を維持したい」と考える男性が増えているといわれています。また、収入に対して変なプライドを持つことなく、むしろ「対等なパートナー」を求める男性も数多く見られるようになりました。

これからは、「結婚したら仕事を辞めて専業主婦」より、「仕事も家庭もバランスよくこなす」女性の人気が高まっていくことでしょう。

 

 

2.男性が結婚相手の女性に求める平均年収

それでは実際に、男性が結婚相手の女性に求める平均年収はどれくらいなのでしょうか。

求人サイトdodaが実施した調査によると、男性が女性に期待する年収のうち、300万円未満がもっとも多い回答でした。次に多かったのが「女性の年収には期待しない」との回答と、300~400万円未満です。

年代別でみると、20代では300~400万円未満が35%ともっとも多く、300万円未満は2番目に多い26%でした。一方、30代~50代にかけては300万円未満の回答がもっとも多く、そのうち30代では300~400万円未満が2番目に多いのに対し、40代以降は女性に年収を求めない割合が2番目に多いという特徴がありました。

さらに20代~30代は300万円以上を希望する割合が50%以上いるのに対して、40代以降は300万円未満が過半数を超えています。

この結果から、20代~30代は共働き志向が強く、女性に最低でも年収300万程度は希望していることがわかります。反対に、ある程度自分の年収が高くなる40代以降の男性は、女性の年収は300万円未満でも問題なく、年収がなくてもかまわないと考えている人も多いといえるでしょう。

 

3.女性の平均年収は?世帯年収で600万円を目指そう

20代〜30代の男性は、女性にも300万円程度の収入を期待していることがわかりましたが、女性の平均年収は実際のところどれくらいなのでしょうか?

2019年(令和元年)の国税庁の調査によると、女性の年齢別の平均給与は以下のとおりでした。

20~24歳 248万円
25~29歳 328万円
30~34歳 321万円
35~39歳 313万円
40~44歳 318万円
45~49歳 324万円
50~54歳 320万円
50~54歳 301万円

 

給与階級別分布で見ると、100~200万円以下が23.7%でもっとも多く200~300万円以下が20.3%、300~400万円以下が17.5%と続きます。

年収300万円未満の女性を求める男性は、20代で30%、30代で45%、40代以降では50%以上いるので、平均年収を下回るからといって心配する必要はないでしょう。

 

4.「自活できる」+「女性的な魅力」がカギになる

共働きを望む男性から選ばれるためには、「自活している」ことと「女性的な魅力」を備えていることがポイントです。

最近は社会状況の変化にともない昇給どころか職すらも不安定になったため、自分ひとりの収入に不安を持つ男性が増えています。さらに、男性で年収300~400万円稼いでいる人は16.6%なのに対し、600~700万円以上稼ぐ人は9.0%と多くありません。

そのため、経済的に自立していて、結婚や出産後も仕事に復帰したい、共働きでがんばりたいという女性の方が歓迎されやすくなっています。また、緊張感の抜けない日々が続くなかで、家ではパートナーに甘えて癒されたいと考える男性も少なくありません。

外ではきちんと仕事をこなし、2人きりのときは甘えさせてあげられる魅力的な女性を目指しましょう。

 

5.まとめ

職や給与が不安定な現代、男性は「最低限の経済的自立」と「女性的な魅力」を兼ね備えた結婚相手を探しています。

年代が上がるにつれて女性の年収に期待しない男性の割合も増える傾向はありますが、基本的に年収300万円未満でも自分で稼げる女性の方が重視されています。また、緊張感を強いられる状況だからこそ、女性的なやさしさや癒しを求める男性も増えています。

「男性よりも年収が高いからモテにくい」ということは考えられにくく、むしろ、男性の収入に依存することなく、万が一の時には経済的に支え合えて、包容力も備えた女性の人気が高まっているといえるでしょう。

\ アメブロ1位の婚活ブロガー仲人Tが執筆 /

アメブロ人気No1結婚物語のブログ

お問い合わせ

婚活の方法やサービスについてのご質問など、お気軽にお問い合わせください。

電話のアイコン

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら。
全国一律承ります。

0120-269-888

[定休日] 火曜・年末年始 [営業時間] 10:00-19:00
メールのアイコン

WEBからのお問い合わせ

WEBからのお問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ 来店予約

結婚物語。」
いつでもあなたの味方です。

  • 成婚率:60%以上
  • 会員数:16万人以上

2020年5冠受賞

  • 日本結婚相談所連盟IBJ
    「成婚最優秀賞」「成婚成長賞」「入会成長賞」
  • 全国結婚相談所事業者連盟
    「最優秀結婚相談所 シルバー賞」「成婚優秀賞」受賞
女性の画像