結婚相談所なら婚活・お見合い・ご成婚のトータルサポーター「結婚物語。」

けっこんものがたり代表・苅谷の婚活の極意
2021.01.17

お見合いで40代男性がすべきこととは?食事でのマナーやエスコート方法

女性との食事はお互いの距離が近く、不慣れだと何をどうすればいいのか困ってしまいますよね。ましてやお見合いで初めて一緒に食事をするとなると、緊張してしまって当然です。

せっかくのお見合いを台無しにしないためにも、覚えておきたい基本的な食事マナーや、40代男性らしいスマートなエスコート方法をご紹介します。

 

1.お見合いで40代男性が最低限押さえたいポイント

まずはお見合いに行く前に、最低限押さえておきたいポイントをご紹介します。普段から習慣づいていないことはつい気を抜いてしまいがちなので、しっかり意識するようにしてください。

 

スーツかジャケットがマスト

食事の場所によって多少の違いはありますが、お見合いには落ち着いた色のスーツに淡い色のシャツ、シンプルなネクタイに革靴がマストです。

コーディネートと合わせて、ひげやヘアスタイルなどの身だしなみもしっかりチェックしてから出かけるようにしてください。

外見に気を抜くと「おじさん」に見えてしまうのも、40代です。清潔感をきちんと意識し、ファッションやひげなどの身だしなみは、しっかり鏡で全身を確認して、整えておくことが重要です。

 

待ち合わせ場所に早く行く

待ち合わせ場所には15~20分ほど早めに行って、女性より先にスタンバイしておくのが基本です。予約ができない場所へ行く場合は、男性は30分ほど前に出向き、席を確保しておくようにしてください。

待ち合わせ場所で相手の女性を見つけたら、自分から「はじめまして、○○です」と笑顔で声をかけます。余裕のある対応に、女性も安心して話しやすくなるでしょう。

 

食事はきれいにゆっくりと

食事のシーンでは、ガツガツと食べず一口ずつ丁寧に、そして静かに食べ、落ち着きのある男性をアピールしましょう。急な質問などにも対応できるよう、一口に入れる量を少なめにしておくことも大切なポイントです。

女性は男性の食事の仕方からも、将来の相手としてふさわしいか判断しています。特に、40代ともなれば、最低限のマナーはできていて当たり前と思われているので、カトラリーの使い方や食べ方など、基本的な食事マナーはきちんとできるようにしておきましょう。

 

お酒は控え、1時間程度で終わらせる

緊張から悪酔いしたり、失敗したりする可能性があるため、お酒はあまり飲まないようにするのがおすすめです。女性にお酒をすすめすぎるのも、強引な印象を与えてしまうので、無理強いしないようにしてください。

お見合いを切り上げるタイミングは、女性からは言いにくいものなので、軽く食事をして1時間~1時間半程度で「そろそろ行きましょう」と自分から声をかけてください。

 

 

2. 紳士な40代男性なら出来て当たり前?スマートなエスコート方法5選

ここからは、より40代男性の魅力をアップさせるために、上手に女性をエスコートするコツを5つご紹介します。

 

①.事前にレストランを予約する

結婚相談所は基本的に、お見合いはお茶のみを想定しています。そのため相手の女性と合意のうえで食事をする場合は、レストランを自分で予約をする必要があります。

予約をせずにレストランに足を運んでしまうと、満席だった場合に移動時間が余計にかかってしまいます。40代なのに気づかいもできない人、と女性からの評価も下がってしまうでしょう。

雰囲気のいいおしゃれなレストランを選んで事前にちゃんと予約をし、席を確保するようにしてください。

 

②.ドアの開け閉めをする

レストランに着いたらドアを大きく開け、女性を先に通してスマートにエスコートしてください。お店の人が通してくれたり、ドアが開いていたりする場合でも、女性を先に通すのがマナーです。女性の足元や通路の幅、階段の有無などにも気を配ると、より好印象を与えます。

レディーファーストは出来て当たり前が40代です。相手が年下であれば、若い男性にはない大人な対応に好感を抱いてくれるでしょう。

 

③.店内を歩くときは女性が先

受付で予約名を伝えるのは男性ですが、そのあと席に通されるときは女性を先に歩かせてあげましょう。

男性が先に歩いても構いませんが、その場合でも女性がまず上座に座ってから、着席するようにしてください。

 

④.相手の分もまとめて注文する

メニューをオーダーするときは男性が店員を呼び、女性の分もまとめて注文します。勝手にあれこれオーダーするのではなく、女性の好みをきちんと聞くことが大切です。

静かなレストランでは大声で店員を呼ばず、アイコンタクトか軽く手を上げます。店員に対しても愛想よく接し、笑顔や優しい口調を心がけると好印象です。

食事中には女性の飲み物にも気を配り、追加が必要であれば、自分から声をかけてオーダーするようにしてください。

 

⑤.お会計は相手が席を立った時に

お会計に関しては、依然として男性が支払うという意識が強い傾向にあります。食事が終わり、相手がお手洗いなどで席を立ったタイミングで、お会計を済ませるようにしてください。もしも相手が席を立たなかった場合には、自分がお手洗いに立ってその途中で支払いを済ませるのがスマートです。

婚活において40代男性に求められる要素のひとつが、経済力です。お金を求められるのは少しさみしい気持ちになりますが、お支払いは経済力をアピールするチャンスにもなります。

かといって、これ見よがしに財布を取り出すのはNG。女性の目の前ではお支払いを済ませないようにして紳士的な対応を心がけましょう。

 

 

3. お見合いを成功させる会話のコツ

お見合いのときに困ることのひとつといえば、女性との会話ではないでしょうか。その場にふさわしい話題が見つからず、沈黙に陥ってしまうことも考えられます。ここからは、よりお見合いの場を楽しむための、会話のコツをご紹介します。

 

軽い会話を楽しもう

食事しながらのお見合いは、通常のお見合いより話す時間が短いため、会話は仕事や趣味、出身地などの軽めの話題で問題ありません。

結婚相手を見極めるというよりも、全体的な雰囲気や話し方から、相手の人となりを知る機会と考えれば、お互いに楽しめます。

ディープな内容の会話は、お互いの距離が縮まってから徐々に増やしていくのがおすすめです。

 

自分だけ話さない

自分だけ一方的に話してしまうと、相手を知る機会を失うだけでなく、女性に不愉快な思いをさせてしまう可能性があります。適度に質問などを交えて、女性も話せる時間を作ることが大切です。

20代、30代の男性であれば、一方的に話をしてしまう人も多いでしょう。しかし、40代男性は人生経験から「相手の話を聞く大切さ」に気づいている人も多いのではないでしょうか。会話に共感を求める女性からすると、40代男性の「聞く姿勢」はとても魅力的に見えます。

相手に気持ちよく話してもらいつつ、沈黙ができたらプロフィールから気になっていた項目を聞くようにすると、スムーズに会話が楽しめます。いざというときのために、事前にいくつか質問を準備しておくのがおすすめです。

食事は女性のスピードに合わせ、自分だけ先に食べ終わって一方的に話し続けることは避けましょう。常にその場を一緒に楽しむというスタンスを、意識するようにしてください。

 

4.まとめ

女性との食事デートは、お互いの距離を縮めるチャンスです。きちんと身だしなみを整えて、会話や食事の基本的なマナーをマスターしておけば、その先のステップに進める可能性が広がります。

より女性に好印象を抱いてもらうためには、しっかりとエスコートをすることも大切です。レディーファーストを常に意識して、適度な会話を楽しみ、女性とのお見合いを成功させてくださいね。

\ アメブロ1位の婚活ブロガー仲人Tが執筆 /

アメブロ人気No1結婚物語のブログ

お問い合わせ

婚活の方法やサービスについてのご質問など、お気軽にお問い合わせください。

電話のアイコン

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら。
全国一律承ります。

0120-269-888

[定休日] 火曜・年末年始 [営業時間] 10:00-19:00
メールのアイコン

WEBからのお問い合わせ

WEBからのお問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ 来店予約

結婚物語。」
いつでもあなたの味方です。

  • 成婚率:60%以上
  • 会員数:16万人以上

2020年5冠受賞

  • 日本結婚相談所連盟IBJ
    「成婚最優秀賞」「成婚成長賞」「入会成長賞」
  • 全国結婚相談所事業者連盟
    「最優秀結婚相談所 シルバー賞」「成婚優秀賞」受賞
女性の画像